【ピック】HISTORY HP10Mが良い


ピックの旅再び。
また大量買いしてしまいました。

この前V-PICK最高って言っててなんだよって感じなんですが。
いや、V-PICKは最高なんですよ、今もそれは思います。ただ高いんですよ。
最近練習量が増えてて、数日前に1枚目のV-PICKの先端が丸まってきて2枚目に交換したのですが、それも数時間弾くとすぐに先端が丸まってきて、これはいくらおにぎり型で経済的とは言え、いくらお金があっても足りない。維持費とか考えてしまうくらい。
これではせっかくギターを弾いてても全然楽しくないので、私は再びピック探しの旅に出ました。

今回は闇雲に大量購入したわけではなく、自分の今の好みはだいぶ分析できてたので、ある程度絞り込んではいます。と言いつつも遊びも数枚ありますが。
とりあえずおにぎり型ピックというのは絶対条件で、理想はGALNERYUSのSYUモデル(ちっちゃい方)の形でトーテックスの音が出るピックというものですが、まあそんなものはまずない。

PA-GS08SDというSYUモデルは、フェンダーなんかが出している一般的なおにぎり型よりも少し先端が尖っていて、且つ一回り小さいサイズで、そもそもその大きさのピックがあまりないんですよね。
トーテックスの音がすごく好きなので、一応トーテックスのおにぎり型とティアドロップ型も数枚買ってみたのですが、でかすぎ&先端丸すぎでいまいち弾きこなせませんでした。
ちなみにSYUモデルの音も嫌いではないのですが、あのデザインがどうも恥ずかしいというか、受け付けないのですw


今回購入したピックの中で、一番違和感がなかったのがこのHISTORYのHP10Mというおにぎり型。
店で選んでいるときから、多分SYUモデルと同じ形だろうなとは感じていたので、ミディアムとハードの2枚を購入。
結果から言うとこれがドストライクでした。しかもハードではなくミディアムの方。

使用してみた感想

素材はセルロイドらしくて、SYUモデルで使用されているポリアセタールよりも、ザリっという少し削れるような音が出ますが、最近の私はそういうアタック音を好む傾向なので、違和感がないどころか全然問題なし。むしろこっちだろうという感じ。

ハードよりミディアムを選んだのは、固いピックの音に飽きてきてたから。ピックが柔らかくなるほど、低音弦をパームミュートで弾いたときに、「びょんびょん」という音がなるんですよ。それがすごい好きなのと、あと柔らかい方が手にかかってくる反動も少なくて疲れにくいのかなと。あと単純に、少し柔らかいピックの方が色々なジャンルを弾くのに対応できるかなと思ってミディアムを取りました。柔らかいピックは速弾きがやりにくいとか言われますけど、特にそれは感じませんでしたね。0.5ミリ切るような厚さだとさすがに無理だとは思いますけど。

ちなみに、HISTORYなんで当然島村楽器に行ってきたわけなんですが、サウンドハウスで売ってないのが痛いです。島村楽器までいくのに片道2時間くらいかかるので、通販で買うことになりそうですが、島村の通販だと30枚セットでしか買えず、しかも3240円もするんですよね。

とりあえず今回買ってきた1枚を使い倒した後にまとめ買いするかどうかは考えようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする